« ゴルフコンペ | トップページ | おめでとう! »

2009年6月15日 (月)

三沢 光晴 逝く・・・

プロレスラー「三沢 光晴」が亡くなりました・・・
皆さんも趣味はあると思いますが、私はプロレスが大好きです。
プロレスを観戦すると、日ごろのストレスも疲れも何もかもが吹っ飛ぶ、と言っても過言でないくらい好きです。
そんな大好きなプロレスラーの1人である「三沢 光晴」が13日の夜、帰らぬ人となりました・・・
最初にこの知らせを知ったのは、何気なく観ていたネットでのニュースでした。
「三沢 光晴 死亡」、最初は何の事か分からず「ふーーーん」なんて呑気に思っていましたが、もう一度その内容を見た瞬間「ええっーーー!」と大声で叫んでしまい、嫁がびっくりして「どうしたん?」と言うので、事情を説明しましたが、プロレスが好きでない嫁はほとんど驚く事も無く、私は急いでプロレス好きの友人数人にメールで(時間も遅かったので)知らせたところ、何人かから返事がきましたが、誰もまだ知っておらず、もちろん信じられない様子でした。
それから次の日のニュースでも大きく取り上げられており、事の重大さを改めて感じるとともに、三沢選手のプロレス以外においての知名度の大きさも感じました。
プロレスの事をあまりよく言わない(内容については割愛します)人もありますが、やはりあれだけの事をリング上でできるというのは、考えられないような強靭な肉体、そしてそれを作り出す為の人並み外れた努力の賜物であり、最近一部プロレスがエンターテイメント化している部分もありますが、三沢選手は本当の「ストロングスタイル」のプロレスラーだったと思います。
本当に残念な選手を失ったものだと思うのと同時に、プロレスラーとは命がけの職業なんだと思います。
どんなに偉くても、どんなに立派でも、どんなに強くても、どんなに才能があっても人間死んだらだめですよね(若くに父を亡くした経験から本心からそう思います)
三沢 光晴さんのご冥福をお祈りします。

今日は湿っぽい内容でスミマセン。
どうぞ読み流して下さい。

« ゴルフコンペ | トップページ | おめでとう! »

コメント

うんうん。わかりますよ!ほんとびっくりしましたもんね。
しかし彼はやはり本当の意味でのカリスマとなったんだと理解しましょうか。
そうでも思ってないと納得できないでしょう!
ノアの箱舟よ永久に!そして三沢光晴よ安らかに休んで下さい。

若いですね。
プロレスラーの平均寿命は短いと聞きます。
プロレス好きのAさんにはとても残念だったでしょうね……。

ほんとに現代のカリスマだったんですね。
私は興味がなかったので聞き流す程度でしたが、
社長業との両立がかなりきつかったように書いた記事も見ました。
ストレスも相当あったんではないかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴルフコンペ | トップページ | おめでとう! »