« 歩数計 | トップページ | 久々 »

2009年6月 5日 (金)

やばい???

先日(5月23日)とうとう40歳の大台にのった事はブログでもお伝えしましたが、40歳になったからという訳ではないのですが、最近(以前から?)物忘れが多くなったなぁ、と思う瞬間が増えてきたように思います
同年代の人に聞いても「自分もそうだ!」「この歳になれば当たり前だ!」という人もあるのですが、やはり寂しい気持ちになってしまいます
これが笑える範囲で済めばいいのですが、仕事上においてとなるとそうもいかない場面もあります
先日、ある方が会社に商品を買いにきて下さり、親しそうに話をされるので、「そういえばどこかでお会いしたなぁー、でも仕事中ではなかったような???」などと思っており、後で心当たりの友人に電話で確認をしてみると、友人の結婚式に招待客として来ておられた方で、その時に仕事の話をしており、折角買いに来て下さったのに、「誰?」みたいな対応をしているように思われたのではないかととても申し訳なく思ったり、他にも事務所内で自分のデスクから立ち上がって、目的の場所に行くのですが、いざその場所に着くと「あれ?何の用事だったかな?」なんて思うこともしばしばです
家でも嫁に話をすると、「前も聞いた」とか、嫁から聞いた話に対して「聞いてない」というと「この前言ったけど」と言われる事もしばしばです
嫁は冗談で「もうぼけてきたの?」なんていう始末

皆さんはどうですか?
又、いい解決法?ってありませんか?

« 歩数計 | トップページ | 久々 »

コメント

40才でなくとも年を取るに連れて仕方ないですよ!
経験が増えれば出会う人も増える、そうなれば当然記憶から消えてしまうこともいたしかたないことかと思います。
失礼かと思いますが話を合わしつつ思い出すということも多々ありますし、どうしてもというときは「失礼ですが」と切り出します。その方が相手も納得していただけるんで。
それとかみさんからはもうボケかいなぁなんて当たり前。人の話を聞く気がないんだらぁが~と。

僕もしょっちゅうです。(笑)
自分で若年性アルツハイマーだなんて笑ってます。多分、電磁は障害で携帯電話の副作用だと考えています。
ただ、くよくよ悩まずに忘れれることもありますので、気軽に考えてみては。

少し早いですね。
かくいう私はアラカン世代。
人名を始め固有名詞は思い出せないし、席を立った後、何をしようと思ったのか思い出せないとか
物をいた場所を忘れることも日常茶飯事です。
私の高校時代の友人が発達脳科学の世界的権威で、彼は著書「成熟脳」でこう言います。
①「脳トレ」なんて無意味だからやめよう
②経験が、若いときより高レベルの脳をつくる
③バーチャルはNG。実生活で全脳を使おう
④大好きなことをやれば、脳はよみがえる
どうやらAさんの脳は成熟してきているようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歩数計 | トップページ | 久々 »